ご宿泊予約はこちらから。琴平・金刀比羅宮の門前町に佇む温泉旅館

ご宿泊プラン

最低価格保証!! ご予約は公式HPが一番お得です!!


【レストラン】割烹ダイニングで贅沢な食事 グルメプラン

公式HP限定7つの特典付~【レストランスタンダード】和牛と海の幸の石焼き付・基本会席

【レストランスタンダード】和牛と海の幸の石焼付・基本会席(一例)
対象期間2017/10/01~2019/03/31
お食事朝夕食付
お支払方法現地決済またはオンラインクレジット決済

和風建築の食事にこだわったレストラン「割烹ダイニング丸忠」にてお食事をご満喫いただける基本会席プランです。
名物石焼で和牛もも肉と海の幸をご堪能いただけます。
和牛(もも肉)は素材本来の風味やうま味を存分に楽しめるよう低温調理したお肉を提供いたします。



公式HP限定7つの特典付~【レストランランクアップ】割烹ダイニング丸忠~名物石焼きで讃岐牛とロブスター(又はアワビ)を食べ比べる贅沢会席~

【レストランランクアップ】名物石焼で讃岐牛とロブスターを堪能する会席(一例)
対象期間2014/04/01~2019/03/31
お食事朝夕食付
お支払方法現地決済またはオンラインクレジット決済

<ランクアッププラン>粋に味わい活に遊ぶ。
紅梅亭の食事にこだわったレストラン「割烹ダイニング丸忠」でランクアップの会席料理をお楽しみいただけるプランです。

「割烹ダイニング丸忠」は木造建築に300年前の梁を使う一方でモダンな要素を取り入れた「不易流行」に思いを馳せたオーベルジュ風のダイニングレストランです。落ち着いた雰囲気の中、料理人が丹精こめたお食事にどうぞお付き合いくださいませ。



公式HP限定7つの特典付~【50歳以上】こだわりの逸品~A5等級「讃岐牛ステーキ」付き量控えめ会席

A5等級の讃岐牛ステーキ(一例)
対象期間2016/10/01~2019/03/31
お食事朝夕食付
お支払方法現地決済またはオンラインクレジット決済

★50歳以上の方限定特別プランで、温泉旅行に出かけませんか?

料理長こだわりの逸品、A5等級「讃岐牛ステーキ」付き会席は
量控えめの全9品の会席料理となります。(通常会席は全12品)。

☆尚、A5ランクの讃岐牛は入手困難な希少価値の高い品質のお肉ですので
 当プランの手仕舞いを8日前とさせていただきます。

※予約の際、50歳以上の方を宿泊代表者にして頂きますようお願いします。
 当日、チェックインの受付の折に身分証明書の確認をさせていただきます。



【エムアイカード会員様限定】館内利用券500円プレゼント♪レストランスタンダード★山海石焼き付基本会席

【レストランスタンダード】和牛と海の幸の石焼付・基本会席(一例)
対象期間2017/09/01~2018/11/29
お食事朝夕食付
お支払方法現地決済またはオンラインクレジット決済

当プランでお申込みのエムアイカード会員様限定プレゼント付プランです。
※宿泊日当日チェックイン時に「エムアイカード」のご提示で館内利用券500円(1部屋につき1枚)プレゼント!
 館内利用券は喫茶コーナーや売店、クラブや夕食時の飲料代としてご利用いただけます。



【こんぴら歌舞伎物語】”歌舞伎絵看板”めぐりに琴平へ★ここでしか味わえない~歌舞伎鍋会席

琴平町内には「こんぴら歌舞伎絵看板」が点在して展示されています。
掲載期間2018/08/16 0:00~2018/11/30 24:00
対象期間2018/08/16~2018/11/30
お食事朝夕食付
お支払方法現地決済またはオンラインクレジット決済

毎年春に公演のある「四国こんぴら歌舞伎大芝居」も今年で34回目を数え、
琴平町内には華やかな「こんぴら歌舞伎絵看板」が点在して展示されています。
また2階にある「歌舞伎ギャラリー」は、過去に出演された歌舞伎役者さん達の資料を集めて展示しており、こんぴら歌舞伎の歴史をご堪能いただけるスペースとなっています。


琴平町内にある歌舞伎絵看板の散策と、紅梅亭の歌舞伎ギャラリーを見て
こんぴら歌舞伎の歴史に触れてみてはいかがでしょうか?


~こんぴら歌舞伎絵看板探訪~
こんぴら歌舞伎絵看板探訪のMAPは、完成していない24か所のポイントがあります。
各ポイントに「こんぴら歌舞伎絵看板」が飾られています。

琴平町内の観光スポットを散策しながら、各ポイントで絵看板の絵柄を確認し、
同じ絵柄のシールをMAPに貼り、MAPを完成に近づけていきます。
そしてシールを5ヶ所以上貼ったMAPを観光案内所へ持っていくと、もれなく粗品がもらえます。


≪特典≫
・こんぴら歌舞伎絵看板探訪のMAP付(絵看板シール同封)
 ※お1人様につき1冊付(小学生のお子様まで付きます)


※「こんぴら歌舞伎絵看板」とは
毎年春に開催される「四国こんぴら歌舞伎大芝居」上演の際に、芝居小屋の玄関に飾られる泥絵具による肉筆画で、その演目の代表的なシーンを描いたもの